晴ればれ*ハルヒネーゼ

はるひ野での日々を満喫するブログ

栗平駅前の新築6階建てマンション「リーフィアレジデンス栗平(仮称)」、2016年9月工事開始予定。

栗平駅前で新築マンションの工事がはじまるそうです。

「(仮称)リーフィアレジデンス栗平マンション計画」という看板が立てられていました。

 

駅前広場を眺める、最後に残った一等地ですね。 

 

 

 

 

駅のど真ん前の土地、それが最後に残っていたのはなぜかというと・・・

この土地を小田急不動産が新築分譲地「リーフィア栗平」のインフォメーションセンターとして使っていたからなんですね。

 

f:id:suna622:20160901110151j:image

 

「リーフィア栗平」は、最近では第10期や第11期を売り出していました。

だんだん栗平駅周辺にもまとまった空き区画が無くなってきたので、大々的な新築分譲はこれにて一段落、ということかな。

 

わが家の小田急不動産とのおつきあいは、「リーフィア片平」の時代からです。

片平川沿いあたりを新築分譲していた当時、そのインフォメーションセンターは尻手黒川道路沿いにあったんです。

片平の分譲が残りわずかになると、それが撤去されて、栗平駅前の「リーフィア栗平」インフォメーションセンターに統合されました。

 

「リーフィア栗平」でも実際に一戸建てをたくさん検討させてもらったから、間取りや土地の使い方、建物のランクとかいろいろ勉強になったなぁ。

「小田急はやたらロフトつけたがる」っていうイメージができあがったのも、栗平・片平・五月台と、小田急不動産の物件を数多く見て回ってからです(笑)

 

ま、結局その時に、おうち買わずに今に至ってるわけですけどね。ははは。

 

f:id:suna622:20160901110328j:image

 

ここ、そんなに土地が広いイメージはないんだけど、6階建てで84戸が入るそうです。

 

同じく小田急不動産がはるひ野に建てた「リーフィアレジデンスはるひ野」の規模には及ばないですけど・・・
ちょっと調べたら、「ライオンズはるひ野シーズンズテラス」が6階建てで82戸と、ちょうど同規模になることが分かりました。

建ってみたらけっこう大きなマンションになりますよね。

 

インフォメーションセンターだけじゃなくて小田急の事務所も撤去したうえ、さらに隣の鉄塔が立っている土地も含めての工事になるみたいです。

うわー、思ったより大掛かりなことになりそうだ。

 

f:id:suna622:20160901110155j:image

 

マンションの完成は平成30年3月。

まだまだ先のように感じる話ですが、考えてみたらもう来年度末なんですね。

 

 

関連記事

栗平駅徒歩7分、4800万円台からのお手頃物件「リーフィア栗平第7期」を見てきました。

白鳥神社そばの好環境、自然素材の「TAKIの家」新築分譲12棟見てきました。

新築分譲戸建「コモンヒルズはるひ野」2015年秋、造成工事がすすんでいます。