読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴ればれ*ハルヒネーゼ

はるひ野での日々を満喫するブログ

IP電話の不正アクセス被害にご注意を。勝手に国際電話かけられて、莫大な料金請求が来るそうです。

NTT東日本から、ハガキが1枚届きました。

 

f:id:suna622:20150902090821j:plain

 

こういうハガキとかチラシとか、たまに来ますよね。だいたい、契約の確認だったり、新しいサービスを紹介するダイレクトメールだったりします。だからこれもきっと、そんな他愛もないハガキだろうなぁ・・・と思ったんですよね。

なので、いつもならその辺にポイっと置いとくんですけどね。

 

でも宛名の下にこんな記載があったので、コレはちょっとタダごとじゃないぞと思ったんです。

 

f:id:suna622:20150831182419j:image

 

太い赤枠で囲ったデザインから、ふつうのダイレクトメールじゃないことがわかります。

それだけでも尋常じゃない感じを醸し出してますけど、その中に書かれている言葉が「第三者による不正な電話利用等」「重要なお知らせ」「発信規制に関する手続き」・・・。

 

なんだか、穏やかじゃないですねー。 

 

 

 

ある日突然、国際電話の高額請求が来るらしい

 

このハガキはなりすましによる高額な通話料発生を防ぐために、国際電話の発信を無効にできますよ、というご案内でした。

既に被害が出ているような書き方だったので、この犯罪についてネットでちょっと調べてみました。

 

f:id:suna622:20150831182426j:image
 
 

この不正なアクセスによるなりすまし通話というのは、ここ最近出てきた話ではなく、数年前からあったみたいですね。

IP電話機のユーザーが増えて犯罪件数が増えてきたということなのか、今年の6月に総務省が注意喚起をしています。

 

第三者によるIP電話等の不正利用に関する注意喚起(平成27年6月12日)

IP電話をはじめとする電話サービスが第三者に不正利用され、利用者に高額な国際電話料金の請求がなされる問題が発生しています。

 

国際電話がかかる先はアフリカの某国だそうです。でも別に、その国の人が何としてでも故郷と話をしたかったからやむなく不正アクセスした、とかそういう人情味のある話ではないみたいです。
何千回も機械的に発信して通話状態を繰り返していて、通話そのものが目的ではないようですね。

でも何のためにそんなコトを??
セキュリティの隙をランダムに狙われているから、被害者個人に恨みがあるとかでもなさそうだし??

さらに調べてみたら、こんな説を見つけました。

 

着信した量に応じて、アフリカ現地の通信会社から割り戻し金を受けられる。どうやらそれを狙って通話を繰り返しているのはないか。

・・・ということです。個人的には何となくそれが、犯罪のからくりとして一番しっくりきました。

 

不正アクセスだろうが容赦なく引き落とすNTT

 

この話でいちばんビックリしたのが、不正アクセスによる通話だったとしても、NTTはきっちり請求しますし引き落とししますよ!!ということなんです。

 

なお、弊社通信網設備における異常は一切確認されておりません。
PBX等機器やソフトウェアの設定および管理は、利用されているお客様の責任において行われるものであるため、不正利用により損害が発生してしまった場合でも、弊社では責任を負うことはできません。
予めご留意くださいますようお願いいたします。

 

実際に50万だろうが100万だろうが、引き落としてるそうです。被害届出してようが、調査中だろうが関係ないようです。

ひどい話ですねー。

弱り目に祟り目。泣きっ面に蜂。ということわざが思い浮かんだんですが、そんなレベルじゃないですよね。

 

あくまでもお客さまの責任範囲だから、不正アクセスされるお客さまが悪いんですよ。ってところでしょうか。

たとえ通り魔にあって負傷したとしても、それは出歩いてるアナタが悪いんですよ。って感じですよね。

 

もっともそれもあんまりだということで、今回わざわざ全てのIP電話ユーザーにハガキを送付することになったのかもしれませんけど・・・。

現在はNTTの方でも、異常に国際通話が増えたことを把握したら、すぐに確認したり通話停止したりする措置を取っているそうです。でもそれまでにかかった通話料って、やっぱり請求されちゃうのかな。

この冷酷な書き方だったら、それもありえない話ではないのかも・・・。

 

怖ぇえ!怖えぇよNTT!!

 

なりすまし通話を防ぐ方法

 

このなりすまし通話というのは、主に会社で利用されるような内線機能を利用してしのびこんでいるそうなので、一般のご家庭にあるような電話機はターゲットにされにくいようです。
そしてアクセスするためのパスワードを分かりにくいものにするなど、きっちりとセキュリティ対策をしていれば防げる可能性が高いとのこと。

しかしIP電話機というものがインターネットに接続している以上、不正アクセスの可能性はゼロではない。それもまた真実のようです。

 

そこでNTTが推奨しているのが「国際電話の発信規制」なんですね。

国際電話を使わない人は、いっそ止めちゃって下さい!ということです。

 

f:id:suna622:20150831182434j:image
 
 

ひかり電話の国際通話の発信規制に関するお問い合わせ先(NTT東日本)

0120-036054

9:00~17:00、土・日・祝日も受付(年末年始は休業あり)

  

ある日突然、数万とか数十万とかの請求が来たら大変ですよねー。

いろんな対策を取っておくに越したことはないでしょうね。

 

 

関連記事

iPhoneユーザーはご注意を!Appleを騙るフィッシング詐欺画面に遭遇しました