晴ればれ*ハルヒネーゼ

はるひ野での日々を満喫するブログ

若葉台で使える「稲城なしのすけドリーム商品券」は完売間近。早いもの勝ちです!

先日、申込締切間近の「川崎プレミアム商品券」についてご紹介しました。

クリシマでおトクに買い物しよう!「川崎プレミアム商品券」がまもなく申込締切。

 

まぁ、ココはるひ野で使える店舗といったら「ローソンはるひ野駅前店」と「スーパークリシマはるひ野店」ぐらいなんですけどね。
簡単に言うとクリシマによく行く人や、新百合ヶ丘近辺で買い物をする予定がある人は、絶対おトクになるので申し込んでおこう!って感じですかね。

 

 

 

それでふと思いました。そういえば若葉台駅の向こう側は川崎市じゃないな、と・・・。
はるひ野あたりだと県境がすぐなので、稲城市のスーパーも日常的によく利用しますよね。

で、同じような商品券を稲城市が出してないかなと思って調べてみたら、ありました。

その名を「稲城なしのすけドリーム商品券」というそうです。

 

f:id:suna622:20150715160733j:plain

 

「稲城なしのすけドリーム商品券」とは

 

「稲城なしのすけドリーム商品券」は稲城市内の取扱店舗で利用できる地域商品券です。まずはその概要をまとめてみました。

 

稲城なしのすけドリーム商品券

  • 500円券24枚つづり(12,000円分)を10,000円で販売
  • 7月1日より販売開始、有効期間は12月31日まで
  • A券14枚とB券10枚のセット(B券は小規模店舗でしか使えない)
  • ひとり20冊まで購入可

 

この「稲城なしのすけドリーム商品券」は「川崎プレミアム商品券」とは違って、抽選方式ではなく、欲しい人が直接取扱窓口に出向いて購入するシステムのようです。先着順で、売り切れ次第終了ということですね。

既に半分以上の窓口で完売しているそうですが、若葉台近辺にはまだ在庫があるようです。
2015年7月15日現在、こちらで購入できるそうです。

  • ティーラウンジ・リトルバード(若葉台公園内)
  • コーチャンフォー若葉台店 書籍カウンター

 

その他の取扱窓口や、最新の販売状況については稲城市商工会のサイトで確認してください。

「稲城なしのすけドリーム商品券」の販売状況について| 稲城市商工会

 

購入を検討する人はB券の取扱店舗をチェック!

 

この「稲城なしのすけドリーム商品券」の最大の特徴は、A券とB券のセット販売だということです。

A券とB券では、利用できる店舗が異なります。簡単に言うと

  • A券・・・大型店舗でも小型店舗でも利用可能
  • B券・・・小型店舗のみ利用可能

ということなんです。

 

例えば、利用可能店舗の一覧を見ると、はるひ野住民もよく行くようなお店がたくさん書いてあるんです。コープ、三和、ユニディ、ノジマ、ヤマダ、コーチャンフォー・・・。

しかしそれらは大型店舗に分類されているので、A券しか使えません。そこしか行かないとしたら、B券が余っちゃいますよね。

 

なので、B券の取扱店舗で、自分が使えそうなお店が入っているかどうか?をチェックすることが、非常に重要になってきます。

 

若葉台エリアだと、フレスポに入っているテナント(アミーゴ書店、ビジョンメガネ、雑貨パステル、らく~ね、シューラルー)、JSSスイミングスクールや、八幸タクシーなどがB券利用可能店舗となっています。

他のエリアを見てみたら、よみうりランドとか美容院、歯医者さんなんてのもあって、川崎市の「川崎プレミアム商品券」取扱店舗よりもずいぶんと業種が幅広いように思います。
特に塾やスクールの月謝など、ふだん絶対割引にならないようなものをこの「稲城なしのすけドリーム商品券」で払えるとしたら、かなり美味しいですよね。

 

しかし、ひとり20冊まで買えるにも関わらず、発売から半月経ってもいまだ完売になっていないのは、このB券の利用がネックになっているのかなぁという感じです。

自分の場合も、スーパーやドラッグストア、家電量販店でならガンガン使う自信ありますけど・・・。
その分B券を使いきれるかなって思った時に、たくさん買っちゃうとちょっと難しいかなぁって、躊躇したんですよね。

それでも購入してわざわざ使い切って、地域の消費に貢献するっていうのが本来の趣旨に沿っているのかもしれませんけどね。

 

というわけでご紹介した「稲城なしのすけドリーム商品券」、おそらく近日中に完売になるのではと思われます。

今ならまだ手に入る可能性がありますので、おトクになる金額を見極めて、ぜひ購入してみて下さいね!

 

関連記事

クリシマでおトクに買い物しよう!「川崎プレミアム商品券」がまもなく申込締切。