読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴ればれ*ハルヒネーゼ

はるひ野での日々を満喫するブログ

まるで童話に出てくるパン屋さん!手作り天然酵母パンの新百合ヶ丘「カンガルー」

新百合ヶ丘のパン屋さん「カンガルー」に、やっと行くことができました。

手作りの無添加で、天然酵母やオーガニックの国産小麦など、素材にこだわったパンを作っているパン屋さん。
ひっそりとたたずむ小さなお店なんですけど、知る人ぞ知る名店です!!

 

 

 

 今回、やっと行くことができた・・・っていうのは、このお店、新百合ヶ丘から少し歩いた狭い路地にあるんです。

新百合ヶ丘まで行く機会はあってもそこまで歩くことはまずないですし、車ですぐそばを通ったとしても、大通りからは、お店の姿が見えません。
路地に入っていって初めて、やっとお店の存在がわかるんです。

なので、何かのついでに行くことはできなくて、「カンガルー」目指してわざわざ歩いていく感じなんですね。

 

駅から歩くこと数分、やっと到着~。(といってもそんなに遠くないですよ)

 

f:id:suna622:20150625200421j:plain
 
建物の三階部分に、看板が出ているのが発見できました。
お店にやっと行くことができた、っていうよりも、お店をやっと見ることができた!って思いました(笑)
 
こちらの「カンガルー」は一階がパン屋さん、二階はカフェになっています。
 
f:id:suna622:20150625200433j:plain
 

レンガ風の外壁に、木でできたベンチが置かれています。

 

店内に入ると、パンを置く棚もすべて天然木でできていました!!

ゴツゴツした素朴な木の味わいです。外国の童話とか絵本とかに出てきそうな・・・。そんな暖かみのある雰囲気のパン屋さんです。

 

ちなみに訪れたのは平日の14時過ぎぐらいだったんですけどね。

袋に入ったパンが棚にぽつりぽつりとあるぐらいで・・・。
テーブルに並べられた菓子パンや惣菜パンも、10種類はあるものの残り1個ずつぐらいで。あれ?少ないよ??って思いました。

噂によると、朝早くから開店して、お昼過ぎるともう商品がなくなってきて、16時ぐらいには売り切れてしまうそうです。

その時はかろうじてパンを選べる状態だったので、すべりこみセーフ!って感じですね。

 

先客に子ども連れでご近所さんかなぁ、っていう感じのお客さんがいらしてたんですけど。
どうやら食パンを予約していた様子だったので、そうやってあらかじめ予約しておいて取りに来るというのが、ご近所さんの正しい「カンガルー」利用方法なのかもしれません。

 

ってことで、今回はクリームコロネとりんごパンを購入させてもらいました。

 
f:id:suna622:20150625200443j:plain
 

こちらは天然酵母のりんごパン(正式な名前は忘れました・・・)。

白い生地がまるっとしていて、りんごをかたどっているのかな?
噛みしめると天然酵母らしい、ずっしりもっちりした感触が楽しめました。

ふだんなかなか天然酵母のパン食べれませんから、まずは素直にそのまま生地を味わいたいところです。
中にはりんごを甘く煮たフィリングが入っていました。ふんわりとシナモンの風味も効いてましたがおとなしめで、りんごの甘さもやさしい感じ。

 
f:id:suna622:20150625200455j:plain
 

もうひとつはクリームコロネを買いました。

中身のカスタードクリームももちろんお店で炊いていると思うんですけど、ものすごく「カンガルー」らしさが良く出ているなぁと思いました。

カスタードクリームと聞いて想像するよりも、色が薄くて白っぽいんです。食べてみると牛乳の風味が感じられます。甘さも控えめで、これまたやさしい味です。

パンの方は逆に個性を主張している感じですね。全粒粉を混ぜているのか、小麦のふすまが表面にぽつりぽつりと見えています。


いずれも中身の味がやさしいのでパンの味わいが引き立つんです。
どうぞしっかりと生地を味わってください!という心意気なのかなぁと思いました。

 
パン カンガルー
  • 所在地:神奈川県川崎市麻生区上麻生3-21-11
  • 営業時間:7:00~18:00
  • 定休日:月曜・火曜
カンガルーは、素材のよさを大切にし、またそれを生かしたシンプルな配合で、ゆったりと時間をかけて一つ一つていねいにパンを焼いています。
 
二階のカフェも、パン屋さんの内装と同じように雰囲気が良くて、自然派メニューで人気みたいですね。
平日はランチとティータイム、土日はモーニングも営業しているそうです。
 
またぜひ、カフェでのひとときを楽しみに、訪れたいものです!!
 
 
関連記事