読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴ればれ*ハルヒネーゼ

はるひ野での日々を満喫するブログ

「藤子・F・不二雄ミュージアム」でジャイアンフェアが開催中らしいんですが

わが家のポストには毎日のようにチラシが投函されていきます。
 
目につく広告は食品関係が多いですかね。デリバリーのピザや宅配寿司だったり、生協の配達だったり。
珍しいところでは、三井住友銀行若葉台支店の方がわざわざはるひ野の住宅地を周っていたようで、スーツと制服の方が何名かで手分けして預金やローン関係のチラシを入れているのを見たことがあります。
 
そしてある日、何気なく目にしたチラシにこう書かれていました。
 

 

 
6月15日は「ジャイアン」こと剛田武の誕生日です。
 
f:id:suna622:20150608103244j:plain
 
・・・こんなところに不意打ちでジャイアン。
 
しかも誕生日、祝われてるー!!なんなんだジャイアンフェアってー!!
 
 
このチラシはなんと「川崎市政だより」です。市の広報誌で大真面目にジャイアンの誕生日を取り上げる、それが川崎市クオリティ。
 
f:id:suna622:20150608103255j:plain
 
ほかのページでは川崎市長のコメントがあったり、ボランティア活動を紹介していたり、イベントの参加者を募っていたりします。ごくごく一般的な、自治体の広報誌です。
 
ま、でもこのジャイアンも別に市の担当者がドラえもんマニアで、個人的な趣味で載せたってことじゃなくてですね。
川崎市が運営する博物館「藤子・F・不二雄ミュージアム」のれっきとした広報なんですね。
 
でも市政だよりでいきなりこう言われてもね。
 
6月15日は「ジャイアン」こと剛田武の誕生日です。
 
その辺の説明、何もないですもんね。話の前提、はしょりすぎですね。
 
この「ジャイアンフェア」は毎年恒例だそうなので、川崎市民はこの手の告知にはもう慣れきっているのかもしれませんが。
 
引っ越ししたての新市民が見るとコレいいのかほんとに、ってドキドキします。
 
市政だよりにジャイアンがのってても動じることのない、立派な川崎市民目指してがんばります(なんだソレ)。